新着人材アーカイブ

HOME | 企業の方へ | 新着人材アーカイブ

 


 

 


 

 new!  #033 熱燃焼炉エンジニア(33才)


Cphで10年間 継続して業務している安定感とそのバックボーンを基にEPC業界に精通しています。海外現場経験もあり貴重なヒーター エンジニアだと思います。エンジニアのレベル感で云えば、仕事を前に運べるリードエンジニアクラス。日本にも2回(2013年と2018年)ですが赴任経験があり日本での生活にも慣れています。またプライベートな話しになりますが、フィアンセが日本にいる事から日本での就業を希望してるのが転職動機になります。人柄も非常にスマートな人材なので総合的にみて推奨できる人材です。
 

 new!  #032 計装エンジニア(29才)


現在は横浜で業務しており、日本での生活も今年で3年以上になります。但し、2022年5月には一度フィリピンに戻る予定。フィリピン帰国後は再度日本で就業できる機会を待つとの事。その理由は日本で過ごした3年間、仕事の質の高め、日本人の献身的な姿勢、そして約束を必ず守るといった文化を学ぶことができた事。 彼らがどのように仕事を合理的に進めるか、その取り組みを見てきて、ここまで成長できたと思っているからと。仕事に向き合う真面目なところは彼女のストロングポイントです。
 

#030 プロセスエンジニア(39才)


プロセスエンジニアとして15年(Fluor & JGC Phil) の経験を持ち、上流、下流、ユーティリティー、オフサイトのLNG、精製、石油化学プラントの設計に携わってきた即戦力の人材。上流、下流、ユーティリティー、オフサイトのLNG、製油所、石油化学プラントの設計(ブラウンフィールド、グリーンフィールドの両方)に従事される。主な業務内容は以下の通り、ほぼ何でも出来ると思います。総評としては海外案件であればリードやチェッカーとしての役割は十分にこなせるレベルのプロセスエンジニアではないかと思います。
 

#027 プロセスエンジニア(34才)


JGCフィリピンで8年間の在籍していましたが、そのうちの5年間は現場やJGC Japanでの勤務をしており日本人との交流や習慣にはかなり慣れています。海外FATにもプロセスコントロールエンジニアのポジションで数回出張しています。特にDCS向けのCause & Effect やコントロール・ナラティブが得意です。
プロセスコントロールエンジニアのポジションは、数少ない貴重なポジションにより是非オススメしたい人材です。
 

#026 計装エンジニア(30才)


彼女は弊社員(技術者)からのリファーラルで信頼のある人材。計装エンジニアで8年以上の経験があり、領域としては OIL&GAS・LNG・ケミカル・電力などのFEEDやEPC案件を得意としてます。日本(CHIYODA本社)にも長期で2回程来ており本質的なEPCの技術を習得し、特に顧客や計装機器ベンダー、他部とのコーディネーション業務の能力は確実に上がっている。個人としてこの長期出張で様々な日本文化に触れて大変興味を持った事から、将来は日本で働いたいと心が動いた為に転職を決意する。総評として、概ねエンジニアリング業務はカバー出来そうな感じではあるが、DCS/ESDの設計やFAT及び現場業務の経験がないところが弱点かもしれないが、この弱点を経験すれば自信が加わって、必ず良いリードエンジニアになれるポテンシャルは十分あると思います。
 

#025 配管エンジニア(28才)


配管設計及びプロジェクエンジニア業務でトータル14年のキャリアあり。JGCのバックグラウンドが強い印象。主な業務内容としてはエンジニアリング業務をおおまかにカバーできている。MTO 見積から引き合い、SPEC・REQの作成、社内外MTG、2D, 3D CAD、ストレス計算等が出来る。またリードエンジニアとしての役割として、プロジェクトの動向とプロジェクト全体スケジュール、成果物の納期、品質、予算、環境への配慮の管理業務。 また部下に対する業務連絡の伝達と進捗状況の把握。
海外業務の経験もあり、2018年にJGC本社で1.5年働いた事で上流側の設計が出来たのでとても良かったと振り返っていた。本社では世帯も大きい為に人との関わりも増えたのでコミニュケーション能力は上がったとの事。本人からはまだ現場経験が無いので、もし日本でもその様なチャンスがあれば喜んで仕事を受けたいと言っていた。
 

#024 電気エンジニア(39才)


JGC フィリピンで13年間の経験は、「日揮の高い技術力と仕事への姿勢は尊敬と感謝しかない」と本人が言っていました。コロナ禍で海外プロジェクトは減少及び停滞し、第一線で働けるチャンスも少なくなってきたので、大好きな日本で電気エンジニアリングの仕事を探し始めました。彼の売りは電気エンジ業務の大半はカバー出来る事。FEED、 プロポーザル、電気設計、調達、建設、据付、試運転(EPCIC)の分野で13年の経験あり、電気設備の単線図、計算書、データシート、仕様書の作成に豊富な経験を持っています。またリードエンジニアとして詳細設計を担当するエンジニアを纏める事ができます。
また、その他設計ソフト等としては、MSオフィスアプリケーション、AutoCAD、マイクロステーション、Smart Plant Review、NavisworksなどのCADソフトウェア、ETAP、SPEL、Luxicon、Dialuxなどの各種計算プログラム操作、そのほか多くの電気規格に精通しています。総評として困った時の「空いた穴」を必ず埋める人材であると思っております。
 

#023 シビルエンジニア(28才)


シビルエンジニアの若手候補。フィリピン・セブ島にあるDASHエンジニアリングでプラント向け下記業務に従事している。2017年〜2020年は親会社である三ツ井E&Sエンジニアリング株式会社でシビルエンジニアとして設計サポートの実績をもっています。インタビューでの印象は非常に会話のキャチボールが上手で丁寧。何か純粋な青年と云う印象もあり吸収力と成長するスピードはかなり期待が出来そうです。ポテシャルを感じる人材でした。
 

#022 配管エンジニア(29才)


3Dモデル及び配管設計で7年の実務経験を持つエンジニア。中近東、オーストラリア、シンガポール、ロシア、ブルネイの製油所、LNG、FPSO、貯蔵庫の拡張プロジェクトに従事。またフィリピン現場でフィールドエンジニアとして従事する。主な業務内容は、P&ID、ベンダーの図面、他部との調整業務、その他、プロジェクト仕様の理解、プロセスを考慮した配管デザイン及び、コスト、操作性、安全性を反映した図面等を作成することができる。
転職動機であるが、彼女の妹が横浜で計装エンジニアとして働いているので、大変刺激を受けているとの事。日本にも何度か観光で来ており、日本の文化や安全性、食事に等に大変興味をもっているが、なにより多様性のある日本で技術者としてチャレンジをしたいと言っておりました。総評として彼女のレベル感で言えば、あと2〜3年経てばリードエンジニアになれるポテンシャルはあると思っています。
 

#021 プロセスエンジニア(38才)


14年間のプロセスエンジニアリングの経験を持ち、ユーティリティーやオフサイト、ガス処理プラント、石油化学、化学など様々な石油・ガス分野で基本設計および詳細設計を担当し、プレコミッショニング・エンジニアとしての現場経験も持つ。主な業務内容としては以下の通りである。転職動機は現在フィリピンにあるFlour社が脱炭素方向へ舵をきった為に事業規模を縮小。将来が不安になった事から転職を決意する。インタビューでの印象は非常に会話のキャチボールが上手く、ユニークで的確に応対が出来ていたと思う。総評としては、安定感のある即戦力プロセス・エンジニアなのでお勧めしたい人材です。
 

#009 QC/QAエンジニア(28才)


彼女はフィリピンで約9ヶ月間QA/QCエンジニアとして従事しました。HVACプロジェクトの品質と証明書、校正、試験結果、検査要件、不適合報告、現場指示、観察などのQA / QC文書を担当し、現在は熊本の半導体の生産チームの一員として、顧客の製品やデバイスがウエハテストを受ける際の品質チェックの担当しています。顧客の要求や規格を遵守し、歩留まり、機械の状態、稼働率を監視し、問題が発生したら品質問題の解決と予防のための技術報告を行う業務をしています。総評としては彼女の真面目さとコミニュケーション能力に着目しています。品質管理をしていく上で、品質第一、顧客志向、プロセスの理解、重点志向で問題・課題に取り組む事になりますので、彼女の精度の高い管理能力と問題共有するコミニュケーション能力をプラント業界にも使える場所がないか探っており、まだ彼女も若いのでQC/QA分野で磨きをかければ、未知数ではありますが輝ける人材になる可能性は秘めているはずです。
 

#003 プロジェクトエンジニア(32才)


彼は、もともと機械に興味があり大学では機械エンジニアリングを専攻する。これまで食品製造、航空機部品製造、半導体、HVACなど様々な分野と産業で5年の経験があります。父親がプラント業界に携わっていたので、プラントに興味を持っていたがチャンスがなく、まだ実現が出来ていないので、チャンスがほしいと。また彼の仕事へのポリシーとして自分の事だけでなく会社にも利益をもたらすような新しい学習を挑戦する事で自らを向上させ会社にも貢献できるエンジニアになりたいと言っておりました。日本語やIT プログラム、製図等、コツコツではありますが、勉強も怠らずに、今後に役に立つものは積極的に吸収していきたいと加えてコメントしておりました。総評としては少しシャイで勤勉な日本人に似ているところがありますが、失敗恐れない若さと目的を持って前に進むめる期待感はあります。
 

#001 機械エンジニア(31才)


プラント業界で、もう一度エンジニアとしてのチャレンジがしたいとの動機から弊社へのエントリーがあった人材。現在は藤沢市にあるIMES社で精密機器の組み立て及び試験エンジニアとして就業しています。2019年から違う職種で約3年頑張ってみたが、やはりプラント業務の方が自分には向いていると気づいたので転職を決めたとの事。インタビューをした印象として彼のストロングポイントは、やはり日本語がN2レベル程度ありましたので意思疎通がとれるところ。現在の業務で日本人と外国人を繋ぐインターフェイス業務もやっているので調整業務が上手かもしれません。調整業務について、何が一番大切ですかの質問に対し、的確に伝える事と、また双方が理解し確認していくが大事ですと言っておりました。エンジニアは横との繋がりも多く、コミニュケーション能力も求められますので、彼であれば上手くこなせていけると期待してます。総評としては人柄が良いのとコミニュケーション能力に着目していますので、他部との関連の多いプロジェクト部や配管部にはフィットするかもしれません。
 

CONTACT US
 
 
派遣のご用命・ご質問など、お気軽にお問い合わせ下さい
 
 
 
 

お電話でお問い合わせをご希望の方

078-332-7510(総合)

さわやかな声でご案内します 

受付時間:平日9:00〜17:30