FAQ

for Employee

HOME | 社内FAQ | C06

産休・育児休暇はありますか?

最終更新日 : 2022/09/01

あります。
詳細は当社就業規則によって定めており以下の通りです。
 

■産休について

第20条(産前・産後休暇等)

  1. 6週間以内に出産予定の女子従業員が請求した場合は、産前休暇を与える。
  2. 産後8週間を経過していない女子従業員は就業させない。但し、産後6週間を経過した女子従業員が就業を請求する場合には、医師が認める業務に就かせることがある。
  3. 妊娠中の女子従業員が請求した場合は、他の簡易な業務に転換させる。
  4. 本条による休暇等により勤務しなかった時間または日の給与については、支給しない。

 

■育児休業について

第22条(育児休業)

  1. 従業員が、1歳未満の子を養育するために育児休業を請求した時、原則として請求された休業開始日から休業終了予定日までの期間で、当該請求にかかる子が1歳に達するまでの期間は、育児休業とする。
  2. 前項に定める休業を請求できる従業員の範囲、請求手続、休業の取扱い、その他に関しては別に定める育児休業規程による。

 
第23条(育児時間)

  1. 生後1年未満の乳児を育てる女子従業員が請求した場合は、休憩時間の外、1日2回、各々30分の育児時間を与える。
  2. 本条による休憩等により勤務しなかった時間または日の給与については、支給しない。

 
 
 
 


(原コメ)

あります。
 
第20条(産前・産後休暇等)
1. 6週間以内に出産予定の女子従業員が請求した場合は、産前休暇を与える。
2. 産後8週間を経過していない女子従業員は就業させない。但し、産後6週間を経過した女子従業員が就業を請求する場合には、医師が認める業務に就かせることがある。
3. 妊娠中の女子従業員が請求した場合は、他の簡易な業務に転換させる。
4. 本条による休暇等により勤務しなかった時間または日の給与については、支給しない。
 
第22条(育児休業)
1. 従業員が、1歳未満の子を養育するために育児休業を請求した時、原則として請求された休業開始日から休業終了予定日までの期間で、当該請求にかかる子が1歳に達するまでの期間は、育児休業とする。
2. 前項に定める休業を請求できる従業員の範囲、請求手続、休業の取扱い、その他に関しては別に定める育児休業規程による。
 
第23条(育児時間)
1. 生後1年未満の乳児を育てる女子従業員が請求した場合は、休憩時間の外、1日2回、各々30分の育児時間を与える。
2. 本条による休憩等により勤務しなかった時間または日の給与については、支給しない。
 

BACK