FAQ

for Employee

HOME | 社内FAQ | A12

国民年金とはなんですか?

最終更新日 : 2022/09/01

国民年金とは、老齢、障がい、遺族になった時に年金の給付を受けるために、20歳から60歳になるまでの方が保険料を納める社会保障制度であり、20歳以上の方は必ず国民年金の被保険者になります。 (学生を含む) 
 
また、それとは別に当社では厚生年金に加入しており、こちらも公的年金です。
この年金は20歳以上60歳未満まで支払ってきた国民年金保険料から支給され、さらに会社に勤務していた方であれば厚生年金が上乗せされて支払われます。全ての国民に加入が義務付けられている国民年金とは別に、会社員や公務員は厚生年金の加入が義務付けられています。
 
 
 

公的年金に加入している全ての国民は被保険者となり、個人の職業に応じて「第1号」「第2号」「第3号」に分類されています。
国民年金だけに加入する被保険者は「第1号」と「第3号」、厚生年金にも加入する被保険者は「第2号」となります。

 
 
 


(原コメ)

20歳になれば、すべてのひとは国民年金に加入することになります。サラリーマンなどは厚生年金に加入することになりますので、弊社では厚生年金になります。
 

BACK